一人で留守番している子供たちの向こう側には頑張っている親御さんたちがいる。

 

「なにか役に立ちたい」がずっとも木曜食堂の原点です。

食べることは生きること。

食の力を信じて、しっかり出汁をひく、手間をかける、季節を感じて旬を取り入れる、 そんな料理をみんなで一緒に楽しく食べます。

宿題をお手伝いしてくれるお兄さんやお姉さん、 親でも先生でもない物知りな大人にも出会える。

ずっとも​​木曜食堂を一度のぞきに来てみない?
 
8月は、大人4人、子ども7人とお盆休みでしたが賑わいました。また、夏休みを利用して近隣の高校生や主婦の方がボランティアで5人の参加がありました。
 
メニューは五目ご飯、サバ缶入り野菜のかき揚げ、きゅうりの冷や汁、野菜と鶏肉のホイル焼き、すいか、非常用クラッカーでした。
 
高齢者ケア施設「あやめの苑」からいただいた非常食の五目ご飯をみんなでおにぎりにしました。子ども達はお兄さんお姉さんと協力して自分が食べるおにぎりを
上手に握ることができました。自分で握ったおにぎりはいつもより美味しかったのでしょう、たくさん食べていました。
 
食後は、今回初めて参加したボランティアのお兄さんがギターを持っていたので、お兄さんの弾くギターと一緒に歌ったり実際にギターをさわったりして過ごしました。
 
次回は秋の味覚、鶏肉のきのこソースがけやお月見団子などを予定しています。

渋谷ピアネット ずっともこども木曜食堂

東京都渋谷区西原1-40-10

日時:9月19日(木)17:30~20:00

※前日までにお申し込みください 03-6459-3848

info@peersupport.jp