新着情報

2021/10/13

子ども基金へご寄附をいただきました

この度、明治安田生命保険相互会社 品川支社様から、こどもテーブル団体への支援として、9月22日(水)に、渋谷区社会福祉協議会の子ども基金へご寄附をいただきました。

このご寄付は、明治安田生命グループの社員の方々の募金と、会社の寄附を合わせて、「地元の元気プロジェクト」の一環として、実施している「私の地元応援募金」によるものです。

貴重なご寄附をありがとうございました。

※内藤会長(写真左)   明治安田生命 品川支社長の田島様(写真右)

2021/10/04

「秋休みレモン教室」のお知らせ

10月7日(木)11時に、景丘の家にて、ポッカサッポロさんと、こどもテーブルが連携をして、「秋休みレモン教室」を実施いたします。

こちらの企画は、小学校4年~6年生を対象とした、研究キットを使った実験や、スライドショー等で、レモンの知識を楽しく学ぶ企画となっております!

詳細につきましては、添付チラシをご確認の上をご応募ください。

※募集は先着順となります

2021/09/29

shibuya-san様より、子ども基金へご寄附をいただきました

 

9月16日(木)に、shibuya-san様より、ご寄附をいただきました。

こちらは、7月23日~8月8日、8月24日~8月31日の期間に、商業施設渋谷フクラスの1階shibuya-san内の観光案内所にて、「GLOBAL WEEK~SUMMER~」というイベントで、卓球やボッチャなどのスポーツが楽しめる、体験プログラムの参加費を子ども基金へのご寄附としていただきました。

shibuya-sanスタッフのマリア様(写真左端)、ミリアム様(写真中央)より、寄付金を受け取りました。

2021/07/27

8月6日(金)実施「こどもテーブル講演会&学生ボランティア報告会」ご案内

 

青山学院大学ボランティアセンター は、渋谷区こどもテーブルを通して地域のつながりが広がるとともに、当センターと各こどもテーブル団体との関わりや学生の活動参加も徐々に活発化し、また、コロナ禍においても、感染予防の工夫やオンラインの活用などによって新たなかたちでの展開が生まれてまいりました。

今後の地域と大学のより多面的な協働を目指し、こどもテーブルに関わる方々と学生が相互に学び合う場として、全国こども食堂支援センター・むすびえの湯浅 誠 氏をお招きした講演会と、こどもテーブル活動にボランティアとして参加した学生による報告会を行います。

本イベントを通して、今後のこどもテーブル活動の在り方や、大学の連携を考えるきっかけとしませんか?こどもテーブル活動に関わる地域のみなさまの参加をお待ちしております!

 

こちらから、チラシをご覧いただけます。(クリックしてダウンロード)
開催内容、お申込み方法は、下記の通りです。

―――――――――――――――――――――

日時:2021年8月6日(金) 13:30~16:00

対象:渋谷区こどもテーブル関係者、本学学生・教職員、都内社会福祉協議会関係者

参加費:無料

定員:50名程度(先着順)

開催方法:Zoomによるオンライン開催
※申し込みいただいた方へ後日参加情報を連絡いたします。

 

<お申込み方法>

下記申し込みフォームよりお申込みください
https://forms.gle/pbtShjmBdvsofdKx6

締め切り:7月30日(金)17:00まで
※定員に達し次第締め切らせていただきます。

 

<タイムスケジュール>

13:15~   :Zoom入室(受付)
13:30~13:40:開会・趣旨説明等
13:40~14:40:第一部・講演会
14:40~14:45:休憩
14:45~15:15:第二部・学生報告
15:15~15:45:参加者交流会
15:45~15:55:全体共有
15:55~16:00:閉会

 

◆第一部:講演会「こども食堂の歩みと現在、そしてこれから」 (60分)

全国的なこども食堂の取り組みへの経緯や現状、課題についてのお話から、渋谷区こどもテーブルの今後のありかたや大学との連携の意義を考えるきっかけをお話いただきます。

 

講演者:湯浅 誠 氏(認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長)

**************************************
社会活動家。東京大学先端科学技術研究センター特任教授。認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長。1969年東京都生まれ。東京大学法学部卒。1990年代よりホームレス支援に従事し、2009年から足掛け3年間内閣府参与に就任。内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長など。政策決定の現場に携わったことで、官民協働とともに、日本社会を前に進めるために民主主義の成熟が重要と痛感する。2014〜2019年まで法政大学教授。
**************************************

 

◆第二部:ボランティア活動報告会 (30分)

サービス・ラーニング科目受講者やボランティア参加者による、各団体での活動報告から、それぞれの学びや関心を共有します。また、2021年新たに立ち上がった学生団体しぶっこの活動やアクションリサーチの報告をもとに、こどもテーブルが地域や学生にもたらすものを学生の目線からの気づきと共に考える機会とします。

 

◆参加者交流会 (30分)

Zoomのブレイクアウトルーム機能を使用し、参加者同士の意見交換の場とします。

 

<主催・お問い合わせ>

青山学院大学ボランティアセンター 担当者:島﨑、秋元

Mail:agu-volunteer@aoyamagakuin.jp
TEL:03-3409-6154
※8月4日(水)より夏期休業期間となるため、電話での対応は致しかねます。当日の緊急連絡先は別途申込者へお伝えします。

 

2021/07/21

「おうちで体験できる社会科見学」のお知らせ

8月19日(木)、8月20日(金)の二日間、明治安田生命様のSDGs活動の一環として、小学生・中学生を対象にしたオンラインで「おうちで体験できる社会科見学」を実施いたします。

こちらは、オンラインで工場見学や会社見学が体験できる内容となっております。

参加方法や実施内容等、詳細については、下記チラシ(クリックでダウンロード)をご覧ください。

2021/04/16

【インタビュー】渋谷区こどもテーブルホームページと、その運営を支える人たち

 

今年で5年目を迎える、渋谷区こどもテーブル事業を支えるホームページは、こども食堂や居場所学習支援所を主催する団体と利用者の方達との、重要な情報プラットフォームを担っております。

 

このホームページの運営は、渋谷区社会福祉協議会のこども支援課の方々と、本ホームページの運営を受託している一般社団法人Vielfaltのメンバーで支えています。

 

今回は私(一般社団法人Vielfat代表理事 久保)が、渋谷区社会福祉協議会こども支援課の皆様と、実際に作業をしているCOMOLYの方々に、その目的・狙いや課題そして将来構想及びお気持ち等をお聞きしました。

 

まずは、渋谷区社会福祉協議会の小湊課長と、遠藤係長のお話を伺いました。

 

小湊課長、渋谷区こどもテーブルについて、事業の目的等を教えて下さい。

 


(小湊課長)

『渋谷区こどもテーブル』は、平成29年度から渋谷区社会福祉協議会からの助成金を元にした事業としてスタートしました。

 

今年は5年目で2021年1月末現在、子ども食堂が57箇所。居場所学習支援所が35箇所となっております。

 

『渋谷区こどもテーブル』で特徴的なのは、地域の大人同士、あるいは大人と子どもが、一つのテーブルを囲んで、人と人との結びつきを作っていこうという想いからスタートした事業であるということです。

 

『子ども食堂』と『居場所学習支援』の2つの事業というような括り方をして、それを『こどもテーブル』と呼んでいます。その点も特徴的な事業なのかなと思っています。

 

渋谷区では、地域との繋がり、住民同士の繋がりを作っていくために、様々な事業に取り組んでいますが、『こどもテーブル』もその事業の一つです。

 

 

遠藤係長、渋谷区こどもテーブルのホームページの役割や期待を教えて下さい。

 


(遠藤主事)

区民の方に『こどもテーブル』の周知が行き届いていない現状ではありますので、SNSが得意な若い世代にぜひホームページを見ていただき、活動内容を広めてもらいたいと思っています。

 

また、区外のかたや企業の方も、ホームページを見ていただいているようで、こどもテーブル団体への寄附等、ご協力いただくこともございました。

 

やはり、活動周知の役割としては、ホームページの効果が一番大きいと思っているので、今後も期待しております。

 

 

ホームページの運営で苦労されていることを教えて下さい。

 

(遠藤主事)

気になっているところは、ホームページの更新が滞っていて、更新の日時が古いもので止まっていたりすることがある点です。

 

多くの団体が実際は活動をしているけれども、ホームページに活動を反映する過程の面倒さもあるのか、最新の情報が反映されていないなと感じています。

 

上手く最新の情報を反映させて、皆さんに活用していただければと思っていますが、そこが一番の改善点ですね。

 

 

運営スタッフに対しての期待や評価を教えて下さい。

 

(遠藤主事)

皆さん僕らより、ホームページの周知のノウハウや知識を持っていらっしゃるので、むしろ色々な提案をいただきたいなと思っています。

 

僕らの目線からではわからない専門家の目線で、効果的な周知の方法など、遠慮なく教えて頂ければと思います。

 

 

今後の構想を教えて下さい。

 

(遠藤主事)

参加団体がおかげさまで増えてきていまして、ホームページを見たことがきっかけで活動に参加された方も多く、だいぶ活動が浸透してきたなと思っております。

 

ただ数が増えれば良いというわけではなく、新しく始めた方を上手くフォローできるような体制を整えることが大事だと思っています。

 

また、周知を課題にされている団体も多いので、ホームページを通して、ピンポイントで興味のある人や必要としている人に見てもらえるような方法も考えていきたいです。

 

 

(小湊課長)

『こどもテーブル』は活動されている方も区民の方だけでなく、NPO法人や一般企業など、最近では、青山学院大学でボランティアを募ってインスタグラムを始めたということもあり、さまざまな人に協力していただいております。

 

支えていただいている協力者の方々が増えるというのも一つの広がりの形だと思います。今後は特に区民の方々に活動を知っていただきたいなと考えておりますので、ITの分野では、これからもお知恵とご協力をよろしくお願い致します。

 

 

次に、実際ホームページの運営作業を行なっている COMOLYの 釼持さん、望月さん、リーダーの山田さんにお話を伺いました。

 

釼持さん、宜しかったら、ひきこもり経験等含めた自己紹介をお願いします。

 


(釼持さん)

釼持智昭と申します。COMOLYのひきこもりの方へのオンライン上での支援ということで、エンジニアとしてお仕事をしています。

 

もともとは静岡県の実家で6年弱、ひきこもっていました。その時はエンジニアのスキルは一切なかったのですが、そこから旧友のCOMOLYの山田くんと再会をして、誘いを受けたことがきっかけで、勉強を始めて、仕事を教えてもらい、今に至ります。

 

 

渋谷区こどもテーブルのホームページ運営の仕事内容を教えて下さい。

 

僕はどちらかというと、ホームページのデザインなどの業務に携わることが多いです。

 

あとは基本的に望月さんがホームページの更新業務を担当されていますが、そこで他の作業があったりもするので、僕がそのサポートもしているといった感じです。

 

 

この仕事を依頼された時のお気持ちを教えて下さい。

 

『こどもテーブル』自体を個人的に全く知らない状態からのスタートでしたが、手伝いをしているうちに、写真などから活動の様子を段々と知ることができて、そこに自分たちもこのようなかたちで参加しているというのが、実感として徐々に湧いてきました。

 

始めたのが去年の4月だったので、1年ぐらい経ちますが、仕事にはだいぶ慣れてきました。

 

 

実際にお仕事をされている感想を教えて下さい。

 

写真などを通して、実際に活動している人たちの様子を知ることができるのはすごく楽しいです。

 

大変なところは、団体の数も多くて、それぞれの団体のホームページのページを間違いがないように更新していかなければいけなくて、その中で間違えてしまうこともたまにあるので、そこが改善点ですね。

 

今後はどんなお仕事をしてみたいですか?

 

ホームページをもっとアクセスしやすいように工夫していくことができたらいいなと思っています。

 

他は、COMOLYに登録されている当事者の方に何かお手伝いして頂ければと思っています。どのようにお任せしたら良いのかというところで課題もありますが、登録者の方に手伝っていただけることも多いと思うので、なにかあればぜひお願いしたいです。

 

 

望月さん、宜しかったら、ひきこもり経験等含めた自己紹介をお願いします。

 


(望月さん)

望月理江と申します。ひきこもり経験はないのですが、この会社に入る前は半年ぐらい専業主婦をしていました。

 

その時はあまり家から外に出ないような生活でしたが、大学のサークルの先輩であるCOMOLYの山田さんの誘いで、この仕事をさせて頂いております。

 

 

渋谷区こどもテーブルのホームページ運営の仕事内容を教えて下さい。

 

私はそれぞれの団体からいただいたメールをチェックして、日付ごとに更新するのが主な業務です。

 

 

初めにこの仕事を依頼された時のお気持ちを教えて下さい。

 

私は一切ホームページの知識がなくて、ワードプレスも触ったことがない人間でした。

 

最初はまず、それを覚えるところから始まったので苦戦しました。

 

今はワードプレスの仕組みをだいぶ理解できるようにはなってきましたが、最初はかなり大変で、どうやったら改行できるのかということも、山田さんに教わりながらの状態でした。

 

 

実際にお仕事をされている感想を教えて下さい。

 

最近はテレビでも『子ども食堂』など、貧困で困っている人向けの活動をされている団体が取り上げられています。

 

そのような番組を見ることでも、ホームページ運営を通してそれらの活動に関われていることを実感することができて、それが本当に嬉しいですね。

 

 

今後はどんなお仕事をしてみたいですか?

 

『こどもテーブル』のホームページの写真をもう少し見やすくすることでアクセス数も増えるのではないかと思っています。

 

また、活動団体のホームページの写真が長期間更新されていなかったりすると、『本当に活動しているのかな?』と私でも思ってしまうので、ホームページの写真のクオリティや更新頻度を上げるなどして、さらにたくさんの人に見ていただけるホームページにしていきたいなと思っています。

 

 

最後に、リーダーの山田くんにコメントをお願い致します。

 


(山田さん)

渋谷区のこども食堂の取り組みは、他の自治体と比べての非常にユニークで、区全体で盛り上げようとする姿勢がいつも伝わって来ます。

 

私たちも、そんな姿勢に応じられるよう、自分たちができることを精一杯やっていきたいと思います。

 

新しいページの追加などで、ひきこもり当事者に手伝っていただく機会も増え、今後も、多くのひきこもり当事者の力を借りながら、渋谷こどもテーブルを盛り上げて行けたら嬉しいです。

 

 

私から皆様にお礼を申し上げます。

 


(一般社団法人Vielfalt 代表理事 久保)

本ホームページの運営をご支援させて頂き、1年が経過しました。渋谷区の事業であるこどもテーブルのホームページの運営を、ひきこもり当事者と社会を繋ぎ、当事者の仕事として受託し、渋谷区こどもテーブル事業そして皆様をIT面からご支援し支える挑戦をさせて頂いております。

 

このような貴重な機会を頂き、またご支援・ご協力を頂き誠にありがとうございます。

令和3年度も継続し本案件を担当させて頂きます。まだまだ至らないことばかりだと思いますが、これからも日々改善の努力を重ねると共により有益なご提案をしていく所存です。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

“誰もが自分らしい働き方を創れる社会” 一般社団法人Vielfalt https://www.vielfalt.tokyo
“ひきこもり当事者にワークコミュニティを提供” COMOLY  https://comoly.jp

2021/04/01

令和3年度 こどもテーブル活動助成募集

こどもテーブル活動団体に助成します。

 

こどもテーブル活動助成とは…

地域の力で子どもたちを見守り育てていく、食事や居場所や学習の場を提供する「こどもテーブル」活動に対して「渋谷区社会福祉協議会子ども基金」を活用し、財政的な応援を行います。

申請書は、下記のURLよりダウンロードできます。

https://www.shibuyashakyo.or.jp/pdf/202104kodomotable.pdf

 

≪子ども食堂活動≫

子どもたちに食事を提供する活動(あわせて学習支援や体験活動、居場所などの提供を行う場合を含む)に対して助成します。

・年額100,000円(上限)

ただし、月2回以上開催、又は参加無料等の場合 年額150,000円(上限)

 

≪居場所づくり・学習支援活動≫

子どもたちへ学習支援や工作、昔遊びなど体験活動を行うなど、居場所や交流の場を提供する活動に対して助成します。

・年額 50,000円(上限)

ただし、月2回以上開催した場合 年額 70,000円(上限)

 

≪申込期間≫

2021年 4月1日(木)~4月30日(金)締切

 

≪申請書の提出及びお問い合わせ≫

社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会

〒150-0042 渋谷区宇田川町1-1

渋谷区役所2F 子ども支援課 こどもテーブル係

電話番号 03-5457―0221 FAX 03―3476―4904

※受付時間 午前8時30分~午後5時 土・日・祝日除く

 

 

2021/03/04

田中農場様より、こどもテーブル団体へお米のご寄附をいただきました

 

2月26日、田中農場様からカレー専用米「プリンセスかおり」のご寄附をいただきました。ご寄附いただいた「プリンセスかおり」は、カレーとの相性も良く、食べた子どもたちからも「美味しい!」という感想を団体よりいただきました。

 

内藤会長(写真中央)から田中農場 田中里志様(写真左から2番目)へ感謝状が贈呈されました。

2020/12/28

明治安田生命保険相互会社様より、食材等のご寄附をいただきました

 

12月24日、明治安田生命保険相互会社 渋谷中央営業所様からお米やパスタほか多数の食材と、蒲田西営業所様からマスク、ボールペン等のご寄附をいただきました。

このご寄付は、明治安田生命の社員の方々からのご提供によるものです。

今回のご寄附をいただいた食材等については、こどもテーブル団体において活用させていただきます。

 

 

明治安田生命 品川支社長の田島様(写真右)から、
内藤会長(写真左)へ目録の贈呈が行われました。

2020/12/23

TRUNK(HOTEL)様より、こどもテーブル事業へご寄附をいただきました

 

 この度、TRUNK(HOTEL)様(渋谷区神宮前5丁目)からの社会貢献として、区内のこどもテーブル団体へクリスマスイベント助成を行いたい旨のお話をNPO法人 全国こども食堂支援センター・むすびえ様からいただき、こどもテーブル団体への助成金として、60万円のご寄附をいただきました。

 当協議会では希望するこどもテーブル27団体へ助成金をお渡しし、12月の団体のイベント経費や子どもたちへのプレゼントなどに、有効に活用していただくこととしました。ご寄附に心から感謝を申し上げます。

 

 

 

社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会

 

 

 

クリスマスイベントの様子

 

 

「初台キッズ食堂 125日開催」

 

 

「声と未来 1217日開催」

 

2020/12/23

サッポロビール株式会社様より、こどもテーブル団体へ飲料のご支援をいただきました

 

サッポロビール株式会社様より、景丘の家で11月・12月に活動を実施した、こどもテーブル団体の「恵比寿ママ食堂」と「子ども食堂実行委員会」へポッカサッポロフード&ビバレッジ社の飲料(麦茶・緑茶)のご支援をいただきました。緑茶は、環境にやさしい「カートカン」です。

現在、コロナ禍のため、いただいた2団体とも、お弁当は家で持ち帰って食べてもらう活動となっておりますが、「麦茶があるかないでは、皆さんの喜びが全然違うと思いました!」「緑茶は、飲みきりにはちょうど良いサイズで、パッケージも可愛く、味もとても美味しかったです!」と、団体から感謝の言葉をいただきました。

 

「恵比寿ママ食堂」

 

「子ども食堂実行委員会」

 

2020/09/01

令和2年度 こどもテーブル活動助成二次募集

 

 

こどもテーブル活動助成とは…

地域の力で子どもたちを見守り育てていく、食事や居場所や学習の場を提供する「こどもテーブル」活動に対して「渋谷区社会福祉協議会子ども基金」を活用し、財政的な応援を行います。

申請書は、下記のURLサイトよりダウンロードできます。

https://shibuyaku-kodomo-table.jp/wp/wp-content/uploads/2020/09/202009-kodomo-nizibosyu.pdf

 

 

≪子ども食堂活動≫

子どもたちに食事を提供する活動(あわせて学習支援や体験活動、居場所などの提供を行う場合を含む)に対して助成します。

・年額100,000円(上限)

ただし、10月以降実施の場合 年額 50,000円(上限)

 

≪居場所づくり・学習支援活動≫

子どもたちへ学習支援や工作、昔遊びなど体験活動を行うなど、居場所や交流の場を提供する活動に対して助成します。

・年額 50,000円(上限)

ただし、10月以降実施の場合 年額 25,000円(上限)

 

≪申込期間≫

2020年 9月1日(火)~9月30日(水)締切

 

≪申請書の提出及びお問い合わせ≫

社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会

〒150-8010 渋谷区宇田川町1-1

渋谷区役所2F 子ども支援課こどもテーブル係

電話番号 03-5457―0221 FAX 03―3476―4904

メールアドレス:kodomo-shibuya-shakyo@tokyo.email.ne.jp

※受付時間 午前8時30分~午後5時 土・日・祝日除く

2020/08/27

子ども基金へご寄附をいただきました

この度、明治安田生命保険相互会社 品川支社様から、こどもテーブル団体への支援として、渋谷区社会福祉協議会の子ども基金へ、421,300円のご寄附をいただきました。

 

このご寄付は、明治安田生命グループの全社員の方々の募金と、会社の寄附を合わせて、「地元の元気プロジェクト」の一環として、実施している「私の地元応援募金」によるものです。

 

この募金の贈呈式が、8月20日に行われ、品川支社長の田島様(写真左)から、内藤会長(写真右)へ目録の贈呈が行われました。

 

 

渋谷区社会福祉協議会では、今回のご寄附を、地域での子ども食堂や、居場所・学習支援活動を実践されている、こどもテーブル団体への支援のため、助成金として活用させていただきます。

2020/04/01

令和2年度 こどもテーブル活動助成募集

こどもテーブル活動団体に助成します。

こどもテーブル活動助成とは…

地域の力で子どもたちを見守り育てていく、食事や居場所や学習の場を提供する「こどもテーブル」活動に対して「渋谷区社会福祉協議会子ども基金」を活用し、財政的な応援を行います。

日本財団の支援により、下線のただし書きに該当する団体には、助成金を増額します。

※申請書は、下記のURLサイトよりダウンロードできます。

https://www.shibuyashakyo.or.jp/pdf/202004kodomozyoseikin.pdf

 

※申請書のExcelデータが必要な場合は、下記のメールアドレスへご連絡ください。

 

≪子ども食堂活動≫

子どもたちに食事を提供する活動(あわせて学習支援や体験活動などの提供を行う場合を含む)に対して助成します。

・年額100,000円(上限)

ただし、下記のいずれかを満たす団体は年額150,000円(上限)に増額とする

・月2回以上開催 

・参加費無料の団体

・参加費減額の団体(当初計画額より100円以上)

 

 

≪居場所づくり・学習支援活動≫

子どもたちへ学習支援や工作、昔遊びなど体験活動を行うなど、居場所や交流の場を提供する活動に対して助成します。

・年額 50,000円(上限)

ただし、月2回以上開催した場合 年額 70,000円(上限)

 

 

≪申込期間≫

令和2年 4月1日(水)~4月30日(木)締切

 

 

≪申請書の提出及びお問い合わせ≫

社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会

〒150-0042 渋谷区宇田川町1-1

渋谷区役所2F 子ども支援課 こどもテーブル係

電話番号 03-5457―0221 FAX 03―3476―4904

Mail:kodomo-shibuya-shakyo@tokyo.email.ne.jp

※受付時間 午前8時30分~午後5時 土・日・祝日除く

2019/09/05

令和元年度 こどもテーブル活動助成二次募集

 

 

こどもテーブル活動助成とは…

地域の力で子どもたちを見守り育てていく、食事や居場所や学習の場を提供する「こどもテーブル」活動に対して「渋谷区社会福祉協議会子ども基金」を活用し、財政的な応援を行います。

申請書は、下記URLからダウンロードできます。

http://www.shibuyashakyo.or.jp/pdf/201909kodomobosyuu.pdf

 

 

≪子ども食堂活動≫

子どもたちに食事を提供する活動(あわせて学習支援や体験活動、居場所などの提供を行う場合を含む)に対して助成します。

・年額100,000円(上限)

ただし、10月以降実施の場合 年額 50,000円(上限)

 

≪居場所づくり・学習支援活動≫

子どもたちへ学習支援や工作、昔遊びなど体験活動を行うなど、居場所や交流の場を提供する活動に対して助成します。

・年額 50,000円(上限)

ただし、10月以降実施の場合 年額 25,000円(上限)

 

≪申込期間≫

2019年9月2日(月)~9月30日(月)締切

 

≪申請書の提出及びお問い合わせ≫

社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会

〒150-0042 渋谷区宇田川町1-1

渋谷区役所2F 子ども支援課 

電話番号 03-5457―0221 FAX 03―3476―4904

※受付時間 午前8時30分~午後5時 土・日・祝日除く

2019/07/27

こどもテーブルは、日本財団から助成の支援を受けています

 

今年度から日本財団の支援を受けることになり、月2回以上開催する、こどもテーブル団体に対し

助成金を増額しています。

 

日本財団からのこどもテーブル団体への支援には、日本財団チャリティー自動販売機の売上げの

一部が充てられています。

 

皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

 

 

2019/04/05

平成31年度 こどもテーブル活動助成募集


こどもテーブル活動助成とは…
地域の力で子どもたちを見守り育てていく、食事や居場所や学習の場を提供する「こ
どもテーブル」活動に対して「渋谷区社会福祉協議会子ども基金」を活用し、財政的
な応援を行います。
募集案内と申請書は、下記のURLサイトよりダウンロードできます。

平成31年度は、公益財団法人日本財団の支援により、月2回以上活動を開催する団体
については、助成金の上限額を増額します。

 

≪子ども食堂活動≫
子どもたちに食事を提供する活動(あわせて学習支援や体験活動、居場所などの提供
を行う場合を含む)に対して助成します。
・年額100,000円(上限)
ただし、月2回以上開催した場合 年額150,000円(上限)

 
≪居場所づくり・学習支援活動≫
子どもたちへ学習支援や工作、昔遊びなど体験活動を行うなど、居場所や交流の場を
提供する活動に対して助成します。
・年額 50,000円(上限)
ただし、月2回以上開催した場合 年額 70,000円(上限)
 

≪申込期間≫
2019年 4月1日(月)〜4月26日(金)締切


≪申請書の提出及びお問い合わせ≫
 社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会
〒150−0042 渋谷区宇田川町1−1
渋谷区役所2F 子ども支援課
電話番号 03−5457—0221 FAX 03—3476—4904
※受付時間 午前8時30分〜午後5時 土・日・祝日除く

2019/03/28

パナソニック株式会社FUTURE LIFE FACTORYさまより、景丘の家へご支援いただきました。

 

 

景丘の家の、子どもからご高齢の方まで多様な人が集う場所でのこどもテーブル事業の内容に共感していただき、パナソニック株式会社FUTURE LIFE FACTORYさまより、

景丘の家へ電化製品のご提供をいただきました。

オーブンレンジ2台、炊飯器3台、ホットプレート4台、洗濯機1台

 

ご提供いただきました電化製品を使用し、未来の食卓を疑似体験できる下記のイベントを開催しました。

『無口な美食家とおしゃべりな執事たち』

『無口な美食家とおしゃべりな執事たち』FUTURE LIFE FACTORY&スマイルズ

 

美食家が夢で見た料理を推理し、シェフに実際に作っていただいたものを

みんなで食べるイベントでした。

初めて会った人とでも交流しやすい仕掛けがパナソニックFUTURE LIFE FACTORYの提案するコミュニケーションサウンドボトル talcook(トークック)と家電を使い行われていました。

はじめての人と仲良くなれた!とっても楽しかった!と子どもも大人も盛り上がっていました!

             

 

2019/03/28

株式会社伊藤園 様より、こどもテーブル団体へ飲料のご支援をいただきました

1月に、株式会社伊藤園様より、こどもテーブル団体へ飲料のご支援をいただきました。

子どもたちは、おやつや食事と一緒に、美味しそうに飲んでいました!

 

※写真下「ささはたっこ

 

※写真下「代々木こどもテーブル~春の小川~」

 

※写真下「代々木こどもテーブル~春の小川~」

 

2018/12/22

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社 様より、こどもテーブル団体の運営へご支援をいただきました

 

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社様より、こどもテーブル団体へ、11月の運営に、ご支援をいただきました。

飲料を受け取った子どもたちは、喜んでいました!

 

※写真 上「リフレッシュ氷川こども食堂」 写真下「千駄谷コカリナクラブ」

 

2018/12/15

つながろう!未来を語ろう! こども食堂(テーブル)&居場所ネットワークフォーラムしぶや

 

〜未来の地域の居場所づくりについて語り合おう〜

12月22日に、こどもテーブル活動に関わる団体も参加する、地域の居場所作りのフォーラム「つながろう!未来を語ろう! こども食堂(テーブル)&居場所ネットワークフォーラムしぶや〜未来の地域の居場所づくりについて語り合おう〜」が実施されます。

 

詳しいイベント概要につきましては、下記をご覧下さい。

 

 

 

◆◇………………………………………………………………………………………………………………………

「つながろう!未来を語ろう! こども食堂(テーブル)&居場所ネットワークフォーラムしぶや」

〜未来の地域の居場所づくりについて語り合おう〜

 

いま、渋谷や、全国の様々な地域で、こども食堂やサロンなど、地域の居場所づくり、参加交流の場づくりの取り組みが増えています。

 

活躍される先輩団体や仲間と出会い、今後の活動に活かすノウハウを一緒に学びながら、ネットワークづくりのきっかけにしませんか?

 

来年度6月予定にむけて「こども食堂&居場所ネットワークフェスタしぶや」(仮)準備会を兼ねています。

 

*こんな方におすすめのイベントです。

・こども食堂や、居場所づくりに携わっている方、関心をお持ちの方

・こどもから高齢者までつながる地域づくりに興味をお持ちの方

・こども、子育て、多世代サポートの事業者様

・高齢者サロン・多様な居場所づくり・地域貢献・高齢者施設

 

上記以外の方も、ぜひお気軽にお越しください!

お子様連れも大歓迎です!

 

開催日時

2018年12月22日(土曜日)

 

第1部13:30〜16:50

キユーピー未来たまご財団助成

「しぶや食育&居場所おでかけガイドマップ」配布

地域の居場所づくり活動団体等のポスター、ブースコーナー

各団体 机ひとつ椅子2個

 

基調講演

平野覚治氏

 

第2部17:00-18:50

こどもテーブル体験&試食&交流会

 

第3部19:00-20:30

「こども食堂(テーブル)&居場所ネットワークフェスタしぶや」(仮)準備会

 

会場

渋谷区美竹の丘しぶや

 

イベント内容

途中から・途中までのご参加も可能です。

第2部では、こどもテーブルの活動を体験、試食できます!

 

第1部1. 講演〔13:30〜14:30〕

トークゲスト 平野覚治氏

「居場所づくりから見えた、互いに支え合う社会づくり」仮

平成16年3月 社会福祉法人ふきのとうの会理事長

平成22年10月 一社)日本応用老年学会理事

平成23年7月 一社)ユニバーサル志縁センター常務理事

平成25年6月 一社)全国老人給食協力会専務理事(現、全国食支援活動協力会)

平成28年度 「広がれ、こども食堂の輪!」実行委員会副代表

平成29年度 社会的企業研究会運営委員

 

渋谷こどもテーブル

2020年東京オリンピックに向けて英語を学ぶ会

講師 川路利樹

2020年東京オリンピックに向けて英語を学ぶ会

 

渋谷区社会福祉協議会

遠藤 慎之介氏

 

  1. 分科会〔15:00〜15:50)

①こども食堂(こどもテーブル)・こどもの居場所づくり・青少年施設

②高齢者サロン・多様な居場所づくり・地域貢献・高齢者施設

 

  1. 全体会(パネルディスカッション)〔16:00-16:50〕

テーマ:つながろう!未来を語ろう! こどもテーブル&居場所づくり

 

第2部 こどもテーブル体験&試食&交流会

17:00-19:00

原宿こどもテーブル ゆめとぴあきっちん

 

自然素材を中心にしたメニューを、大学生中心に、おとなもこどももお手伝い。

みんなでつくってみんなでいただきます!

 

第3部 19:00-20:30

「こどもテーブル&居場所フェスタしぶや」(仮)準備会

参加費 資料代500円 こども無料

 

イベント趣旨

近年、ライフスタイルや食生活の多様化が急速に進む一方で、若い世代を中心とした食に関する知識・興味の低下や、食を通したコミュニケーションの希薄化、子どもの貧困など「食を取り巻く社会課題」はますます大きくなりました。

 

一方で、そのような、社会課題に、市民が自主的に取り組む『こども食堂』は、全国で3000ヶ所を超え、ますます増えようとしています。

 

「こども食堂」のことを、渋谷ではあえて「こどもテーブル」と呼んでいます。

トップページ

 

親、学校だけでない、子どもと大人が学びあう、第3の場所。

 

「地域」の力で、日本の子育ては、もっと豊かになっていく。

 

「渋谷区こどもテーブル」とは、食事や学習支等により、地域の大人が、「地域の力」で子どもたちを育てていく活動です。

 

食事を提供する子ども食堂活動と、学習支援や工作、昔遊び等を行う居場所づくり・学習支援活動が実施されています。

 

しかしながら、実施者は、自分の活動に追われて、他の実施者との交流や、横の連携をする機会が少なく、意見交換や、学び合い、助け合い、支えあえる関係性やネットワークを築けていないのが現状です。

 

渋谷区には、様々な年代や、多様性のある方の「居場所づくり」に取り組む団体も多くあります。

 

こどもテーブルへの理解や協力、連携には、まだまだ課題があるように感じております。

 

こどもテーブルや、居場所づくりにとりくむ、様々な地域、世代の実施者が集い、繋がりあい、未来を語り合える場を創りたいと思います。

 

なにとぞよろしくお願いします。

 

主催 あーすりんく

キューピー未来たまこ財団助成事業

しぶや食育おでかけガイドマップ

協力 渋谷区社会福祉協議会

 

あーすりんく

共同代表吉田晃浩(マップ担当)

共同代表すぎやまゆうこ(企画担当)

 

毎日メデイアカフェ

 毎日メディアカフェのセミナー「食を通して育む『みらいを生きる力』~キユーピーみらいたまご財団~」が10月23日に開催されました。 セミナーを企画した「キユーピーみらいたまご財団」は2017年4月に設立されました。若い世代を中心とした食に…

毎日メディアカフェさんの投稿 2018年10月23日火曜日

 

HP

食を通して育む「みらいを生きる力」~キユーピーみらいたまご財団~

 

あーすりんく

https://npoearthlink.wixsite.com/earthlink

 

あーすりんく

https://www.facebook.com/earthlinkcrew/

 

◇◆……………………………………………………………………………………………………………………

2018/11/14

平成30年度 こどもテーブル活動助成2次募集交付団体決定のお知らせ

10月26日に開催された第2回こどもテーブル活動助成審査委員会の承認を受け、助成団体が決定しました。

この助成は、地域の力で子どもたちを見守り育てていく、食事や居場所や学習の場を提供する「こどもテーブル」活動に対して社会福祉協議会「子ども基金」を活用し、財政的な応援を行うものです。

この度は、子ども食堂助成が6団体、居場所づくり・学習支援助成が8団体の計14団体に交付することになりました。

交付決定団体については、下記URLより一覧表をご参照ください。

201811kodomotable

2018/10/31

チャリティーコンサートが実施されました

10月9日(火)に、ボッシュ株式会社、渋谷区との共催による「こどもテーブルチャリティーコンサート」が実施されました。当日は、多くのお客様が来場し、たくさんのご支援をいただきました。

ご来場の皆様からいただいた、ご寄附の総額は、454,519円となりました。

ありがとうございました。

 

 

2018/09/13

平成30年度 こどもテーブル活動助成 申請書ダウンロード

申請書は、下記URLよりダウンロードできます。
2018kodomosinsei2zi

 

◇手続き方法、記入方法等に不明点がございましたら、下記の問合せ先までご連絡ください。

◇PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない人は、アドビ社から無料で配布されていますので、ダウンロードしてご利用ください。

 

※パソコンで申請書を入力される方は、下記のメールアドレスへ「こどもテーブル活動助成 申請書データ添付希望」と記入のうえ、送信してください。エクセルのデータを送信いたします。

メールアドレス 「shien-shibuya-shakyo@tokyo.email.ne.jp」

 

≪申込期間≫

9月3日(月)~9月28日(金)締切

 

≪問い合わせ先≫

社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会

渋谷区役所神南分庁舎1階

〒150-0042 渋谷区宇田川町5-2

こどもテーブル係 畔上 遠藤

電話番号 03-5457―2200 FAX 03―3476―4904

※受付時間 午前8時30分~午後5時15分 土・日・祝日除く

2018/09/13

平成30年度 こどもテーブル活動助成二次募集案内

地域の力で子どもたちを見守り育てていく、食事や居場所や学習の場を提供する「こどもテーブル」活動に対して「渋谷区社会福祉協議会子ども基金」を活用し、財政的な応援を行います。

詳しくは、下記のURLをご覧下さい。
2018kodomo2zi


≪申込期間≫
9月3日(月)~9月28日(金)締切

 

≪問い合わせ先≫
社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会
渋谷区役所神南分庁舎1階

〒150-0042 渋谷区宇田川町5-2
こどもテーブル係 畔上 遠藤
電話番号 03-5457―2200 FAX 03―3476―4904

※受付時間 午前8時30分~午後5時15分 土・日・祝日除く

 

 

 

2018/06/15

~こどもテーブル活動を始めてみませんか~

「渋谷区こどもテーブル」とは、食事や学習支等により、地域の大人が、「地域の力」で子どもたちを育てていく活動です。

「こどもテーブル」活動は、食事を提供する子ども食堂活動と、学習支援や工作、昔遊び等を行う居場所づくり・学習支援活動が実施されています。

 

渋谷区社会福祉協議会では、「こどもテーブル」活動に助成や支援を行っています。
・子ども食堂活動助成        年額10万円(上限)
・居場所づくり・学習支援活動助成  年額 5万円(上限)

 

活動を実施されたい方は、下記へご連絡下さい。

※渋谷区社会福祉協議会では、活動場所の提供や寄付をしていただける方も募集しています。

 

≪問い合わせ先≫

渋谷区社会福祉協議会

こどもテーブル係

電話番号 03-5457―2200

FAX   03―3476―4904

Mail      shien-shibuya-shakyo@tokyo.email.ne.jp

2018/05/17

渋谷おとなりサンデーに、こどもテーブル団体も参加!

 

渋谷おとなりサンデーは、パリの隣人祭りをヒントに、普段話すことの少ない近隣の人と、楽しく交流を深める日にしましょうというものです。渋谷区では昨年から、毎年6月第1日曜日をおとなりサンデーの日とし、区内各地でさまざまな交流イベントが行われます。
今年は、渋谷おとなりサンデーに、こどもテーブル団体も参加します!

詳細は、下記URLをご参照下さい。
https://shibuya-otonari.jp/

2018/04/26

第2回 地域の居場所づくりサミット食を通して育む ”みらいを生きる力”

          

第2回 地域の居場所づくりサミット
食を通して育む ”みらいを生きる力” 【申込先着80名】

こども食堂や食育支援の取り組みが全国各地に広がっています。
子どもの心とからだの成長に寄り添う食体験を軸にした活動を行う地域の居場所づくりを考えてみませんか?

*案内チラシ http://www.mow.jp/pdf/kewpie20180530.pdf
*申込方法  http://www.mow.jp/ より申込フォームに入力し送信/もしくは電話03-5426-2547で受付

日時:5月30日(水) 13:00~16:30 (*キユーピーみらいたまご財団助成事業に関する個別相談会は 12:30~)
会場:キユーピー株式会社 本社(渋谷駅 徒歩8分)
参加費:無料
対象:こども食堂・子どもの居場所運営者など、ご関心のある方ならどなたでも

◇プログラム
12:30~ 申請を検討されている方へ:助成事業 個別相談会
*2019年度助成事業の対象となる事業・経費の種類について、ご相談に応じます。お気軽にお立ち寄りください。

13:00~14:00 キユーピーみらいたまご財団 助成事業 説明会・活動報告会
14:10~14:40 講義 「こども食堂が地域で果たす役割を考える」
講師 米田 佐知子さん(子どもの未来サポートオフィス 代表)
14:40~16:30 講義+グループワーク 「あんしん安全なこども食堂を目指して」

こども食堂を運営する人のための衛生や食育のマニュアル『こども食堂あんしん手帖』(2018年初夏発行予定)を使って、事例をまじえながらのお話と、参加者どうし情報交換の時間を設けます。

《事例報告》
にしなりジャガピーパーク(大阪)
かしわっ子食堂あさひ(千葉)

■ 主催 一般財団法人キユーピーみらいたまご財団
■ 共催・お問合せ先)一般社団法人 全国食支援活動協力会
☎ 03-5426-2547  FAX 03-5426-2548
〒158-0098 東京都世田谷区上用賀6-19-21
メール infomow@mow.jp
HP http://www.mow.jp/

2018/04/03

平成30年度 こどもテーブル活動助成募集案内

 
こどもテーブル活動団体に助成します。

こどもテーブル活動助成とは…

地域の力で子どもたちを見守り育てていく、食事や居場所や学習の場を提供する「こどもテーブル」活動に対して「渋谷区社会福祉協議会子ども基金」を活用し、財政的な応援を行います。

 

詳しくは、下記のURLサイトをご覧下さい。
http://www.shibuyashakyo.or.jp/pdf/180402table_annai.pdf

 

≪申込期間≫
2018年 4月2日(月)~4月27日(金)締切

 

≪問い合わせ先≫
社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会
渋谷区役所神南分庁舎1階
〒150-0042 渋谷区宇田川町5-2
こどもテーブル係 畔上(あぜがみ) 遠藤

電話番号 03-5457―2200 FAX 03―3476―4904
※受付時間 午前8時30分~午後5時15分 土・日・祝日除く

2017/12/22

アクサグループのFacebookページ“AXA People Protectors”に、渋谷区こどもテーブルの記事が掲載されました。

 

渋谷区こどもテーブルの記事が、アクサグループのFacebookページ“AXA People Protectors”に掲載されました。

AXA People Protectors” (アクサピープル・プロテクターズ)とは、
現在世界中で実施している社会貢献活動を、アクサグループのFacebookページ“AXA People Protectors” (アクサ ピープル・プロテクターズ)において報告していく活動です。

 

ぜひご覧ください。

 

https://www.facebook.com/axa.people.protectors.japan/photos/a.1458745871034982.1073741828.1458469284395974/1971832136393017/?type=3

2017/12/14

渋谷区こどもテーブルWEBサイトがリニューアルしました!

渋谷区こどもテーブルのWEBサイトがリニューアルしました。

SCHEDULE より各こども食堂の日程や内容がご覧いただけます。

各こども食堂に関するお問い合わせは、それぞれのSCHEDULEにありますご連絡先までお問い合わせください。

渋谷区こどもテーブルに関するお問い合わせは、info@shibuyaku-kodomo-table.jpまでご連絡ください。